中学受験 グノーブル

新しい塾グノーブルが短期間で合格実績を出す理由とは?

対面の少人数による「生きている授業」

グノーブルの授業は「生きている授業」と呼ばれるとおり、少人数で講師と生徒が対面し、双方向での建設的な話し合いで進めています。よいカリキュラムをベースに考え方まで掘り下げた授業は、個別指導と集団指導のそれぞれのメリットを活かしており、より集中力が高まります。受け身の授業では味わえない学ぶ喜びがあります。

講師の質の高さは出版物にも

講師と生徒の距離が短い授業をおこなうグノーブルは知の冒険を楽しめるほど質の高い講師がついています。学習意欲が加速するグノーブルのオリジナルの教材は講師が作成しています。また市販の問題集、たとえば学校別対策編の問題集として筑波大学附属駒場中、開成中、麻布中、桜蔭中、女子学院中のものが販売されており、塾生だけでなく知の冒険を体感することができます。

個別指導教室が全校舎に併設

塾での授業での疑問点や模試などでのわからない問題などはどうしても出てきます。いくら少人数制で一人ひとりに合った指導を行ない、講師と生徒の距離が短いといってもいつも順調にカリキュラムをこなせないものです。グノーブルでは各校舎に個別指導グノリンクという一対一の完全個別教室もあります。集団と個別の併用も可能です。

 

グノーブルの校舎について

東京都 東京(東日本橋)校、お茶の水校、自由が丘校、成城学園校、西船橋校、白金高輪校、吉祥寺校
神奈川県 横浜校、たまプラーザ校
千葉県 西船橋

 

▼グノーブルの各校舎の詳細▼

辛口コメント

中学受験グノーブルに通う理由について教えてください。

グノーブルは難関私国立中学を目指す子どもが集まる塾で、都内を中心に展開しています。

 

都内で難関中学を目指す塾といえば、サピックスなどの大手塾があり、生徒数も多く、御三家をはじめ難関校への合格実績も優れています。

 

おまけに校舎の立地がアクセス便利なため他塾に近いケースが多いです。

 

そのためグノーブルをあえて選ぶ理由がイマイチわからないといった疑問の声をよく耳にします。

 

中学受験グノーブルは開校が2013年と新しく生徒が比較的少ないわりには難関中へ高確率で合格者を送り込んでいます。

 

なぜ多くの優秀な生徒がグノーブルに集まるのか?

 

グノーブルの説明会に参加したり、グノーブルの講師が編集した問題集(G脳など)をチェックしたりして確かめてみるとよくわかります。

 

▼グノーブルの費用をチェック▼

 

中学受験グノーブルについて
難関国立・私立大学への合格実績で眼を見張るものがある大学受験グノーブルは2006年に設立されました。中学受験グノーブルは2013年、中学受験のための少人数制集団指導学習塾として開校しました。都内に数か所、神奈川県の横浜校も開校され、着実に学習環境が増えています。中学受験グノーブルは難関私立・国立中学校の合格を目標とした小学生向けの進学塾なので、大手塾のような大規模なハードはありませんが、ソフト面では引けを取らず、かえって学力を伸ばすことができる生徒が多いです。中学受験算数問題集 G脳(グノ)-ワークアウト〜は4年生、5年生、6年生と各学年ごとに分かれていて、それぞれ単元を基礎から入試レベルまで網羅し、マスターできる構成になっています(旅人算や流水算、通過算など)。単元別対策問題集、学校別対策編の問題集とともにG脳(グノ)-ワークアウト〜も市販されているため中学受験グノーブルがどのような学習塾なのか知るためにも参考になる書籍です。

トップへ戻る