中学受験 合格

中学受験をお考えの親御さんへ、志望校合格に役立つ情報をどうぞ

 

志望校合格への道

子供の中学受験をお考えの親御さんへ、

 

いま中高一貫校に通っている生徒の多くは進学塾へ通っていたことをご存知でしょうか?

 

小学校に通いながらの通塾は大変ですが、優秀な生徒が集まる中高一貫校に入学できれば、その後の大学受験、そして就職、と大きな可能性に満ちた人生設計が可能です。

 

子供の将来を実り多きものにするために今のうちからしっかり準備しておきたいですね。

 

まずは進学塾の情報収集からはじめてみてはいかがでしょうか?

 

このサイトでは、はじめての中学受験のお役立ち情報やや希望に合った塾選び・志望校選びを各都道府県別にご紹介しています。

 

小学6年生の冬には一足早くサクラが咲いて、家族全員、笑顔で迎えられるといいですね。

 

 

中学受験で進学塾を利用する3つの理由

第一志望合格の学力を身につけられる

中学受験の学習塾の教室

中学受験で目指すべきは第一志望校の合格ですね。そのゴールに向かってまっすぐ突き進むなら合格実績の豊富な進学塾へ通うのが一般的です。

 

行きたい中学へ例年多くの合格者を輩出している塾では、その中学の入試対策にもしっかり対応していますので、受験本番までに合格力が備わります。

 

中学の入試問題は学校の授業では習わない問題がよく出題されます。独学では解きにくい難問も多く、過去問などの対応が必要になります。

 

進学塾なら合格までの道のりをカリキュラム通りに進めることだけを考えればいいわけです。おなじ教室の仲間と競いながら受験日までに一歩一歩力をつけていくことができます。

 

わからない問題をその場で解決できる

塾の授業風景

普段の授業でわからないところやテストでわからない問題が出てきます。これらをわからないまま放置しておくと必要な単元が抜け落ち、後になって困ることになります。

 

わからない、難しいというイメージが着くことでその科目全体が苦手になってしまう可能性もあります。そうなってしまっては塾へ通う意味がありませんよね。

 

進学塾では生徒の疑問にその日のうちに答えられるよう、質問時間を設けています。わからない問題をその場で解決することで苦手を作らない仕組みが整っています。

 

また校舎には自習室を設けており、授業の前後に集中した自学自習もできます。

 

学習のフォロー・サポートが手厚い

母子の家庭学習

進学塾では多かれ少なかれ宿題が出されますので、自宅でおこなう家庭学習の時間が必要になります。

 

家庭学習の態度や宿題のプリント、テスト結果などを見れば、子供が塾でしっかり勉強できているかどうかがすぐにわかります。

 

なかなか思ったような結果が出ないとストレスがたまり、勉強に身が入らなくなることもあります。

 

そういう時に親としてどう対応するか迷ったら塾の先生に相談してみましょう。学習面のフォローはもちろん受験生活のいろんなことを悩みの相談にも乗ってくれます。

 

個別面談の機会をつくったり、子供の様子を見て、声掛けもしてくれるので、やる気を引き出すこともやってくれます。塾のサポート力は長い受験生活の中でとても頼りになります。

 

 

親のあなたが知っておくべき、受験合格の鉄則!

中学受験であなたが失敗しないための3ヶ条

目標とする志望校を早めに決める

もし志望校が決まっているならば、その中学への合格実績を参考に塾を選ぶといいですね。他塾にくらべて多くの志望校合格者を輩出している塾ならば、そこでカリキュラム通りにしっかり勉強を続ければ、本物の実力がつき、合格レベルに達することができます。また早くから志望校を定めておくことで、目標がぶれずに合格に向けて足りない部分を足していくという学習方法を取ることができます。

複数の塾の体験や説明会に参加する

行きたい中学校に合格できる塾を選ぶのが合格の近道です。ですが一口に塾と言ってもいろいろな違いがあります。カリキュラムの進め方や授業方針、宿題の量などの違いがありますので、説明会に参加したり実際に通っている人からの生きた情報を得ておくといいです。また授業体験に参加して勉強のレベルや雰囲気を知り、「ここならよさそう。通いたい」と言う子供の意志を大切にしたいです。ただ同じ塾でも校舎によって雰囲気が異なることもあります。できれば複数の塾を回って情報収集するといいですよ。

子供だけでなく親も受験対応力を磨く

中学受験は親の受験といわれます。もし難関校を目指すのなら子供まかせ、塾まかせではうまくいきません。高学年になると宿題の量や見直しの量も大幅に増え、とにかく毎日時間が足りないということになりがちです。勉強のやり方に優先順位をつけたり、面談などで塾のフォローやサポートをあおいだり、テスト結果の分析から成績が伸びるための方法を探ったり・・・・。子供がうまくこなせるように裏方でサポートする親の手腕が必要になります。中学受験の親の体験談や口コミなどはネット情報を有効に使うといいですよ。

はじめての中学受験も安心、あなたの街のおすすめ塾とは

 

わが子を御三家や女子御三家に入れたい、子供のほうから受験したいと言ってきたなど中学受験のきっかけはさまざまですね。小学6年生という、まだ12歳ほどの年齢の子供が受験を経験することで受験勉強という困難をくぐりぬけて勝ち取ったものの価値は計り知れないものがあります。精神的にも一回り大きく成長する機会ともなります。もちろん、親にとってもわが子との二人三脚で挑んだことは基調な経験となり、今後の人生に生きるはずです。ただ親の受験といわれるように合格に導くのに親の役割がきわめて大きいのも事実です。子供の学力、勉強を教える塾の講師の指導力、そして状況に応じて柔軟な思考で子供をサポートする親力、どれを欠いても受験はうまくいきません。当サイトでは、中学受験の前提となる学校選び・学習塾選びのポイントから親が子供に接するべき態度、うまくいかない時の対処法など無事に合格を勝ち取るために知っておきたい、身につけておきたい情報をお伝えします。

トップへ戻る